店長力スポンサー広告店長候補 > 中途半端さをどうするか
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中途半端さをどうするか
指導要領では、ここで初めてオペレーションそのものに言及することになるわけですが、とは言えオペレーション自体の説明をするというよりも大切なことは、「できる」という状態の定義です。

仮に指導要領に基づいて継続的に指導を受けていたとしても、大半の人は一方で実際の日々のオペレーションも繰り返すことになるでしょうから、放っておいてもある程度作業が「できる」ようになると思います。しかし、それは指導する側から見るとたいてい「一応できている」というだけで、まだ不十分なところが多々あるように見えます。

しかし、本人がそれを自覚するのは難しいことです。あるいは、自覚していたとしても、それは意識的に習得するようなことはなくて、時間と繰り返しによって慣れていったら自然にできる、というふうに考えていることがあります。

つまり本人としては、もうだいたいにおいて「正しい手順なり、やり方は分かってきた」という認識です。しかし、教えている側から見ると、たいていの場合初心者の作業のやり方というのは、そもそも「全然正しくない」ように見えることが少なくありません。

「あいつは、まだ慣れていないので所どころ変なやり方になっている」

というふうに見えます。時間とともにできるようになるだろう……という問題ではなくて、教えている側から見れば、正しくない点が多々ある。そこを、細かく指摘して修正してあげるべきか、あるいは、本人にとっての優先順位や感情やモチベーションを考えて見過ごしておいてあげるか……というような問題なのです。

この認識のズレをそのままにしておくと、どの作業も中途半端な理解になり、習得も不十分な人が発生しやすくなります。そして時間が経つほどに修正が困難になります。実は、実際に店長候補さんを抱えている店舗で意外に問題になるのがこの点だと思います。つまり、姿勢とか考え方といったことをいったん置いといたとしても、そもそもオペレーションが「一応全部知っているようなのだが、どうも任せておけない、安心して見ていられない」という人が多いという点です。

こういう人だと、たいていお店で普通のアルバイトさんと同様に通常のオペレーションに入って作業している分には、何が問題なのかよく分からないです。ダメなときもあるけど、時には本人の「良い部分」も見えることがあって……だけど、では将来的に店長とか、管理業務が任せられるようになり得るかと考えると、「いやー、この人では無理だな」という話になってしまうのです。つまり「やらせて」もいいけど「任せて」おけないわけです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。