店長力スポンサー広告店長候補 > オペレーションと同じように教える
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オペレーションと同じように教える
このように、指導要領を用いる意図の一つは、本人に対して指導内容の提示範囲を大幅に増やすことだと思います。それによって、掬える人材を増やすということです。

「子供じゃあるまいし」と思うかもしれませんが、私が思うところ、タイプ2の店長候補さんはある意味では子供と同じです。まどろっこしい話ですが、こういった視点は実際必要だと思います。

ところで、考えてみれば、オペレーションを指導する場合には私たちはごくふつうにこういう方法で教えているのではないでしょうか? つまり、作業の目的や規準、作業内容を伝えた後に、必ず「手順」や「ポイント」や「禁止動作」を手取り足取り詳しく教えて、この通りにやればその作業の規準は達成できるんだ、そのやり方でやれ、そうじゃない、こうだよこう、よく見てろ……ときわめて細かく指導するでしょう。

なぜか、実際の作業を教えるときには私たちは

「子供じゃないんだから、そのマニュアル読んで自分で習得しとけよ」

というふうにはあまり言いません。

でもこれは同じことなのではないでしょうか?

ところが、私たちはこういう抽象的な、メンタリティに関する部分の指導となると、いわば通常の指導手順を思わず端折ってしまうわけです。

それは、やはり「こういう面の事柄は自分で気が付くべきだ」「やる気があれば当然それは分かるはずだ」という気持ちがあるからでしょう。

でもそういう前提で指導して、うまく行くのはタイプ1の人だけです。ここはあえて明確に区別して考えたほうがいいと思います。

前に言った通り、タイプ1の人だけを探していたら人員不足になる、だからタイプ2の人も集めている、ということは必然的に指導の前提条件を変えなければならない。指導側がこれをはっきり自覚して指導に当たれば、もっと多くの店長候補さんが目指すところに到達できる可能性があるのではないか、と私は思っています。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。