店長力スポンサー広告店長候補 > よく考えて質問しなさい
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よく考えて質問しなさい
もう一つは、「なるべく端的な質問を考えさせる」ことだと思います。よく「質問力」などと言いますが、なるほど、本人がどういう質問をするか、ということがすでにその人の知識や理解のレベルを表してしまう面があります。

つまり、たとえば見たものを見たまま、思い付いたことを思い付いたまま質問する、というのでは「そう言われたから仕方なくやっている」または「実際の対応場面で困っているから今聞いている」というだけの態度であって、それは本当は「自分から覚えようという意思」などほとんど持ち合わせていない、ということを表してしまっています。

または、自分では覚えようという意思があると思っているのだけれど、その方法が想像できなくて、仕方なく安易なやり方で対応している、という場合も考えられます。

その場合、質問すべき内容を熟慮するように指導すると効果があるかもしれません。

まず、質問する内容自体を端的にまとめられない場合が多いと思います。これは単純には言葉の使い方とか、コミュニケーションスキルの問題とも言えますが、この点でも指導は必要と思います。指導要領の中でも「言葉の問題」は後にあらためて取り上げています。

しかし、それとは別でいわゆる「姿勢」の問題もあります。

たとえば、マニュアルや掲示物を読んだら聞くまでもなく分かることを質問しないためには、当然そういうものを前もって確認する必要があります。

前に似たようなことで指導を受けたことがなかったか、思い出すこともできます。そのためには言われたことをメモやノートに残しておくべきだとか、自分なりに考えを整理して、一番重要だと思うことから質問しようとか、自分の中でそういう面をあれこれ考える習慣が付けば、それだけで業務能力は飛躍的に伸びることになります。

端的に質問できれば、短期に業務の習得を進めることが可能です。同時に、よく練られた質問であればあるほど、個別具体的な事柄だけではなく、たいてい本質的な部分が多く含まれるはずです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。