店長力スポンサー広告店長候補 > 報告を指導のきっかけにする
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
報告を指導のきっかけにする
たいてい、指導する側は、本当は店長候補さんに何かを指示する場面では、本人から申し出がある以前に、そのことについて詳しく教えてやろうと待ち構えているような感じだと思います。実際にはむしろ、今必要だから指示してやらせている、ということよりも、その事柄を教えたいがためにわざわざ指示を出して、やらせてあげている、という感じでしょう?

それなのに、指示された本人が、単に「やりましたー」というだけで、そそくさと持ち場へ戻ってしまったりすれば、せっかくウンチクのひとつも垂れようとしていた側はかなり白けてしまうものです。

それどころか「終わりました」という報告すらせずに、やりっぱなしでいつの間にか次の作業に移っていたりする。こちらから見るとまるで

「私は私なりにやるから、あなたの助言など不要です」

と言われているような気にすらなります。教えてあげようと思って指示したのに、こういう態度の人がいると非常に腹立たしくなってきます。また、そうなるとすぐに本人の「やる気」を疑いたくなるでしょう。

「そっちがその気なら、もう俺は知らん」

と見切りをつけたくなります。

もちろん、仮にですが、最初は自らそのようにうまく機会をとらえて指導を受けていた人がある時期から急にそれをしなくなった、というような場合には、仕事に対するモチベーションが下がっているとか、指導している側に不満があるとか、何か別の面での問題があることが少なくありません。つまりこれは「知らない」ためにそういう行動になったのと違いますから。

でも、ほとんどの場合そういう本人は別にあえてそうしているのではなく、単に「知らないだけ」なのだと思います。知らないし、考えたこともないので平気でそういう態度になるだけです。

ですから、指示されたことであろうと、そもそもルーチンとして決められている作業であろうと、本当はいつも何かやったら「ちょっと見てください」と言えるかどうかがポイントなんだよ、ということを教えてあげて、もう1回だけチャンスをあげる余裕が必要かもしれません。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。