店長力スポンサー広告店長候補 > 指導内容と指導意図
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指導内容と指導意図
少し話が横道にそれてしまう気がするので申し訳ないのですが、

他のことも同じなのですが、オペレーションにしても何にしても、まず「黙ってても相手が勝手に面倒見てくれる」と思っているとお話になりませんよね。

というか、ハタから見てそのように感じてしまう人というのは、たぶん「そのようにすら」思っていない、言い方は悪いですが、正直言って「何も考えていない」ことが多いと思います。

だから、オペレーションの出来不出来以前に、自分が覚えようという意思表示をしない限り誰も教えてくれないんだよ、ということを教えてあげる必要がしばしば生じます。

これは一見矛盾しているように聞こえます。なぜなら、誰も教えてくれないぞ、と言いながら実は、「自分から覚えようとしなければ教える人も教えにくいのだから、そのつもりでやりなさい」と、教えていることになるからです。そういうこと自体を、本人の意思表示なしに勝手に教えてあげるわけです。

しかし、そういうことは本人が気づいたり発見したりして、行動に移すのが当たり前だろう、と考えることが多いので、その教え方はしばしば、たとえば、本人の手が空いているのにあえて何も指示せずに、手持無沙汰でいる心境を体験させておいてから、「そんなことでいいのか?」みたいな刺激を与えて本人に「自分がすべきことは何なんだろう」とか「自分から積極性に動かなきゃダメだ」と気付かせようとする、というようなやり方になります。

このように、指導する人というのは、しばしばこのように、きっかけだけを与えて、本人が自らその答えなりを発見し、自ら行動することを望みます。つまり指導する側は、たいていこちらなりの「指導意図」を持って、いろいろな指導手法を使うわけですが、それを全部教える側に開示するわけではありません。

つまり、本人に提示してやらせる部分の外側には、本人に直接言わないけれど、こういうふうに指導しよう、こういう方向へ本人を意識づけようとか、そういう部分を同時に意識しながら指導を進めていることになります。この、外側の部分は指導されている本人からは見えません。

(ただし、タイプ1の人は当然それを見抜いたうえで指導を受けていきます。実はこれは「良い学習者」の条件であり、実際には相手の立場や気持ちを推測すれば当然に気が付くべきこと、とも言えます)
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。