店長力スポンサー広告店長候補 > 人間的にはいいけれど
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人間的にはいいけれど
さて、仮に人間的な信用は十分だとして、でも、それだけでお店を任せられるかというとそんなことはありません。次にはいわば「能力的な信用」が必要です。つまり

・業務のコントロール力
・突発的な事態への対応力
・配下となるスタッフさんに対するグリップ力、コミュニケーション力
・売り上げや利益向上のための改善能力

といった面で不安があればお店を任せるわけには行きません。

でも、実際にその人の業務能力を見る場合、お店だとどうしても日常のオペレーションの出来不出来を基準に判断してしまいがちです。

しかし考えてみると、店長とか、責任者の立場になり得るかどうかという場合には実際、オペレーション能力は思っているほど重要視されないことのほうが多い気がします。もちろん基礎的な事柄は一通りできる必要があるのは当然ですが、たとえば、コンビニの店長さんになるとして、じゃあ、コンビニで扱っているすべての商材のオペレーション全部に熟達している必要があるかというと、別にそんなことはありません。全部知っているに越したことはないけれど、それが必須なわけでもないし特に重要でもない。

逆に言って、すべてのオペレーションをしっかり把握したら、店長として店舗運営ができるかというと、どうもそういうわけにもいかない。

はっきり言って、私自身何年も店長をやってて、マニュアルは存在するのにまだ1回も遭遇したことのない対応パターンや、あるにはあり得るのだけれど数年に一度しか発生しないオペレーションもあります。そんなのは、何となくそんなのもあったかなあ、くらいにしか把握していません。でも実際にそれが起これば何とか対処するしかないわけで、実際は何とかやっつけちゃう、という感じです。

または、むしろこちらのほうが多いのですが、日常しばしば起こるのに、これと言ってマニュアルが準備されていない事態もある。それに加えて、実は現場的に言って、マニュアル通りやっていたらまどろっこしくて余計にお客様に迷惑がかかるだろう、という場面もたくさんある。

要するに、オペレーションだけをどんなに完全に詳細に積み重ねても、それは店長候補さんが「店長になる」こととあまり関係ない、という面があるのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。