店長力スポンサー広告店長候補 > 利を悟る
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
利を悟る
できることがあるとすれば、上記のような面で問題があると、本人も結局大きく損をすることになる、ということを説明し、納得させることだと思います。もちろん良心とか常識に照らして、という部分も大切ですが、それは結局他人のあずかり知らぬことですから、それはそれとして一方でそういう面において信用を勝ち取ることが自分の「利益」にもなるのだということを理解させるわけです。

つまり「理」だけでなく「利」の面から説得する

という方法はあり得ます。

こういう側面からの指導は、実際にお店を任せた後のように、目が届きにくく本人の権限や裁量も大きくなっている段階で、もし本人が不正を誘発されやすい場面に出くわした時の、ある意味強力な歯止めとして働久野ではないかと考えられます。逆に言って、現実を見るとこういう時には、そもそもの人柄とか、良心といったものは残念ながらあまり大きな抑止効果として期待できないように思われるのです。

とは言っても、確信犯的に悪い動機を持つ人にはこういう説得はたいてい意味をなしません。こういう話が通用するのは、単にそういう理屈を知らなかった人とか、今までそういう面についてほとんど無頓着に過ごしてきた人とかです。つまり、ごく若い人とかほとんど社会人経験のないような純朴な人です。そういうタイプの人なら単純に納得してくれる可能性が高いです。

いずれにしろ先に述べた第一の要素は「人間的な信用」とでも言えるでしょう。これに関しては、指導して培うというよりも、そもそもこの面で疑わしかったら、指導がうまく行こうが行くまいが結局お店を任せたりできるわけがないので、むしろ最初に大丈夫と判断し、その後もずっとその大丈夫を維持していけるかどうか、という問題だと思います。つまり人間的な信用は指導の対象というより指導の前提です。

この面での信用度があまり高くない人は、たとえ業務がうまくできるようになってもずっと、だれかの管理下に置いておかなければなりません。ということは店長とかそういう立場には基本的になり得ないということは実は初めから分かり切っていることです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。