店長力スポンサー広告店長候補 > その人を信用するとは
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その人を信用するとは
ちょっと余談みたいなことですが、ここで対象としている「店長候補」さんは、最終的には店長などの地位に就いて、店舗などを全面的に任せることになる人物です。ですから単にオペレーションの巧拙や作業能力の高低だけでは割り切れない、何か「コイツなら大丈夫だ」「この人なら安心だ」と思える要素、つまり「信用」が欲しい、と任せる側は考えると思います。

ただ、現実を見るとなかなか、信用に値すると感じる人物に出会えません。また、信用していたのにむしろそれが裏目に出るというような事態も珍しくないでしょう。

そこで思うのですが、信用という場合の要素は何かと考えると、まず

・不正をしない
・怠慢や手抜きをしない
・ウソの報告をしない
・勝手な解釈や独りよがりな主張をしない

といった面での問題がない、ということが第一に挙げられると思います。ただし、こういう面というのはどうやっても他人から見て完全には分かりません。絶対という保証がないわけです。だから、ある程度指導をすることはできても最終的には

「まあ、こいつなら大丈夫だろう」

というような主観的、直感的な判断で決めるしかないです。

また、どういうわけか、能力的にあまり高くない人のほうが、こういう面では信用できるような気がすることも多くあります。あまり優秀さが表面に出てくる人はむしろ鼻に付くというか、心を許せないような気持ちになる、という心情も一理あります。

こういった面での指導は不可能なのでしょうか?
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。