店長力スポンサー広告店長候補 > 自分がすべき課題が見えれば煮詰まることはない
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分がすべき課題が見えれば煮詰まることはない
もし、前で述べたような意識の誘導に成功すれば、日常的に反省する点はすなわち今時点でやっている指導要領の項目中にいくらでも見出せるということが分かるはずです。

それさえ分かれば、もう反省点に煮詰まったりネタ切れになるというような事態は起こり得なくなり、今指導されている指導要領の内容に沿って物を考える素地ができます。

これは非常に重要なポイントだと私は思います。指導要領による指導の最初の段階では、実際にやっているそれぞれの項目自体や現場でのオペレーションではなく、実は指導要領の内容に沿って物を考える「クセ付け」こそ一番のポイントであり、またこれは実際に店長とか、責任者の立場になった場合に求められる考え方を身につける際のポイントでもあります。

店長候補の方や、社員化した人について多くの店舗で

「作業はできるが仕事はできない」
「感覚がバイトと同じ」

というような声がしばしば聞かれますが、ある意味でそれを解消する意識の切り替えを模擬的に体験させることが狙いなのです。

実はタイプ1の人は、過去の経験からこのことをすでに知っているのです。ですからわざわざ言われるまでもなく指導要領の内容に沿って物を考えることに抵抗がなく、比較的すんなりとこちらの意図を汲んで行動するわけです。それが「センスがある」「資質がある」または「やる気がある」という評価を受けやすくなる理由です。

ところが、そうではないタイプ2の人であっても、指導要領の内容を「分からせる」前提としてこのような考え方の傾向を作ってあげることで、結果的に指導内容を習得してもらえば有効なわけで、このような意味での「素地」を作ることがここでの主な目的と言えます。

仮に本人の直接的な気持ちとしては単に「毎日反省しろと言われても、ネタに困る……」という状態を回避したいだけだったとしても、この指導を受ける場合、実はそのほうが自然だし、楽なのだということに気が付けばほぼ自動的に指導要領の内容に基づいて日々の行動を選ぼうとするようにはなります。
本人がここに気が付きさえすれば、それでここでの具体的指導の目的は達成していると言えます。それが確認できたら、少なくとも「反省の仕方」は分かったのですから、もう毎日逐一反省したことを報告したり発表したりしなくてもいいでしょう。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。