店長力スポンサー広告心構え > やる気のある人募集とは
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やる気のある人募集とは
よく「やる気のある人募集」という文言を目にする。現場でも「やる気のある人が少ない」などという声をよく聞く。

正直言って、これほど逆効果な表現はないと私は思う。「やる気」という中身が不明確で、働こうとする人に

「きつい職場なのかな」
「自分は、ついて行けるだろうか」

といった不安や警戒感だけを与えるから。また、このような表現はつまり採用や評価の基準が明確になっていないことを自ら発表しているように見える。

「がんばる、がんばる」と意気込みだけ強い人が時々いる。まあ、「ないよりはまし」かもしれない。しかし、では何を求められているのか、というと理解があいまいで、要領を得ない。そうすると、いわゆる

「カワイイけど、使えないヤツ」

になってしまう。いても迷惑というわけではないし、周囲を明るくしてくれたり、それなりの間接的な役割を果たす面もあるから重宝されるとは思う。

ただ、実際には、そういう人がいると便利なので、むしろその状態に留めておきたい、というような心理もあって、能力に見合った役割を与えてもらえなかったり、故意に指導されずに放置されたりすることがないとは言えない。

これは、まず管理・指導する側の責任と言えるが、本人がその環境に甘えてしまう面もある。せっかく長所があるのに非常にもったいない気がする。

実際のところ「やる気」とは何によって決まるのかと言うと、それはつまり先ほど抜粋した文章で述べている通り、

「動機と規準の明確化」

ということになると思う。本人の意識として、自分が働く動機と、職場で実際に求められている規準がはっきりすればするほど、それを達成するという明確な意思につながる。また、動機と規準がある程度マッチしているタイプの人がお店に集まるようになってゆく。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。