店長力スポンサー広告店長候補 > 良い学習者になる
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
良い学習者になる
■ ここで教えること

□ 動機のストーリー化

□ 動機と規準の整合性 →意欲

※「教えてください」とはっきり言わせること、その機会をちゃんと与えてあげることが有効と思います。相手は「流れから言って、当然教えてもらえるんでしょ」という気持ちでいる場合も考えられますが、それでも特定の個人に師事するのであればそれなりの言い方があろうというものです。また、そうやって明確に指示を仰いだという体感から本人の意識も変わってくる可能性があります。

□ 動作ディテールについて解説する

□ 仲間の評価を確認する

※ もし、採用当初から周囲の仲間たちの評判が著しく悪いという場合には、それが本人のせいであるかないかによらず、本人が育つ上で不利になりますので何らかの対策を考えなければならなくなります。

□ 「良い学習者」のコンピテンシー

※ 実際にどういう言葉や行動が「良い学習者」だということになるのかを場面、場面で示した上で、その総括として学習者のイメージ、像を描かせることが有効だと思います。
※ 指示、指導している側が、何を意図して言っているのかを考えさせます。あるいは、自分が指示、指導する側になった時に「どういう相手になら」教えやすいかを想像させることも有効です。

関連記事 「指導の受け方を知ること」
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。