店長力スポンサー広告店長候補 > その人は本当に店長候補なのか
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その人は本当に店長候補なのか
1 具体的オペレーション
2 オペレーションに内在する考え方、相互の関連性、法則、方針といった抽象的な事柄

を、2を強調しつつ同時進行で指導することになるわけですが、そうするとあまり1の習得を急ぐ必要はないことが分かります。

しかし、このように述べたとしても、

「そうは言うけど、オペレーションも早く覚えてもらわないと……」

と思うかもしれません。

でも、今お店のオペレーション自体が回っていなくて一刻も早くルーチンなどが可能なスタッフさんが欲しいというような場合なら、本当を言えば店長候補じゃなくて一般のスタッフさんを募集するほうが妥当なのです。

店長候補さんを育てるという観点から言えば、オペレーションのほうはむしろ2を学習するための題材のような位置付けになります。

しかし、実際は、オペレーションをやらせる人員が欲しくて、そういう人を「店長候補」という広告を使って確保し、結果的にその人が店長にでもなればラッキー、くらいに考えているお店が多いことも事実です。

まあ、逆に言って「単にオペレーションをこなすスタッフさんで、アルバイトレベルでないもう少ししっかりした人」などという募集を出して、でも給与や待遇はアルバイト並みになります、などと言ったところでだれも応募して来ないですから、致し方ないという実情も理解できますけど、その場合、

「どうして店長候補がうまく育たないんだろう」

とは、問うまでもなく理由は明らかというものです。こう言ってはなんですが、もしこのような事情で人を採った場合には、実質的に店長候補である人と、形式的に店長候補としてあるだけの人とは指導方法を分けて考える必要があるかもしれません。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。