店長力スポンサー広告店長候補 > アルバイトから習えない人
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルバイトから習えない人
なぜかコンビニの場合だけは、採用者に対する指導は専ら店長などが担当することのほうが多いのですが、飲食店とかの場合は、社員採用された方でも最初オペレーションはそのお店のアルバイトさんとか、先輩格のスタッフさんから教えてもらうことが多いと思います。

ところが、たとえば

「どうして私は社員なのにアルバイトに頭を下げて教えてもらわきゃいけないんだ」

とか、そのことを快く思えない人がたまに出てきます。そういう変なプライドみたいなものを持っている方がいたりします。

そういうのがアルバイトさんの方にも伝わってしまうので、結果そのお店で自分がアルバイトさんをコントロールしないといけない立場なのに、いやな印象がスタッフさんの中に定着してしまい、全然いうことを聞いてくれない…なんてことになる場合があります。

立場は違っても、一般に現場ではシニオリティールールというものがあり、先行者をそれなりに敬う態度は必要です。良い学習者は、そういう人たちともうまく接しながら知識や技術をすばやく吸い上げ、自分のものにしてしまいます。同時に、最終的には自分の指示や意向に協力してもらえるようなグリップ力も持っています。

そういうことが全く念頭にないから変な態度ができるわけで、これも結局、そもそも単に

1 具体的オペレーション

を覚えればいいんだ、という感覚だからそうなってしまうのではないでしょうか。こういう態度だとオペレーションの習得そのものにも支障をきたしますが、それ以上に問題なのは、今オペレーションを習っている自分の立場について自覚できていないという点です。今そこにいる自分を客観視できないということです。だから単に作業の習得レベルでアルバイトさんたちと対峙してしまうのでしょう。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。