店長力スポンサー広告店長候補 > 新人にはウソも方便
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新人にはウソも方便
ですから、(実際のところどう見えるか、という話しは置いといて)採用当初の段階では、本人のことを知って、どういう人間かを言い当てることよりも、むしろ「こうあってほしい」「こういうことを期待している」と言うイメージを伝えたほうがいいと思います。

たとえば、少し仕事の要領が悪くて習得が遅いなと思った人でも、

「おまえ、ちょっとトロいなー、それじゃ通用しないよ」

とか、見たままを言ったら逆効果なわけで、たとえば

「初めての仕事だから緊張してるな。でもおまえ、なかなか手際いいじゃないか。前の店でも仕事できたほうだろう?」

とか、本人が引きずっている自己イメージを壊してあげるような言葉をかけてあげると効果があると思います。

極端に言うとあからさまなウソでも効果があります。本人は、新しい環境で「自分がそう見られている(のかもしれない)」と思うだけで、その良いイメージに自分を合わせようとします。すると、言われた通りもっと手際よくやるように努力しなければ、と期待に応えようとするのです。

言われなくても新人の人は早く「職場に慣れよう、なじもう」という欲求は強く持っています。ただ、それが「早くもともと自分が持っている素を出せるようになろう」では困るのです。

これから指導して伸ばそう、という人に対しては、期待する能力や資質を持っているというイメージを持ってもらい、そのイメージを実現できる状態で「なじんで」貰わないと困るわけです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。