店長力スポンサー広告店長候補 > 採用時は「変化」の絶好のチャンス
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
採用時は「変化」の絶好のチャンス
ところで、人の行動パターンというのは、もちろん生得的に持っている傾向はもちろん大きいでしょうが、それと同時に「周囲の人がその人をどう見ているか」によってもかなり左右されるそうです。

たとえば、周囲の人が「この人は明るく朗らかな人だ」と思って接していると、本人はその印象との整合性を保つために常にもっと明るく朗らかな自分を演じようとしてしまうのです。

悪いイメージでも同様で、たとえば前の職場で「仕事が遅くて使えないヤツ」と思われていた(と、本人が無意識に感じていた)場合、実際にはもっと能力があったとしても、その同じ職場でいきなりそのイメージを打ち破るような行動をするのは非常に難しいので、本当に使えないヤツのように行動してしまうということもあるようです。それは実際の能力的な問題よりも、すでに培われたイメージを「裏切る」ことが恐いからなのでしょう。

で、唯一そういう縛りから解放される瞬間が、まさに新しく採用されたときです。

採用されたばかりの人は、新しい環境で、知ってる人が周囲にいない状況にいます。職場に限定すれば、これまで培ってきた人間関係などがないので、ある意味自分が本当はどんな人間かということをだれも知りません。

この状況では、本人が意識しさえすればかなり大きく自分の習慣や行動を変化することが可能です。これを「新人効果」とでも言いましょうか。

新人特有の状況を利用して本人の行動習慣や、特に「気の持ちよう」を劇的に変えることができるかもしれないのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。