店長力スポンサー広告店長候補 > 一般のスタッフ指導との違い
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一般のスタッフ指導との違い
アルバイトさんの場合は、意図や考え方をくどくど説明する必要性が薄いので、動作そのものを直接的に修正するほうが効果的な場合が多いです。本人の意識と言った問題とは無関係に「これはこうする」「こうやれ」で足りることがほとんどだと思います。

意識的なことを説明することも時々ありますが、それは本人の疑問や不信を解消してやるためとか、初期的にはある程度の信頼関係を作るためとかいう補助的な理由によるものであって、意識的な問題に積極的に立ち入りたいからではありません。

この違いは、アルバイトさんは基本的にそのお店の仕事の「規準」を結果的に満たす動きをすれば足りるのに対し、店長候補さんの場合は「規準」というものがあるということそのものを自覚したうえで、その規準そのものを作ったり変更したり、配下のスタッフさんなどに徹底するなど、つまり

規準を管理すること自体が仕事

であるということを教えなければならないからです。

さらに、アルバイトさんの場合はお店で通常行われているオペレーション自体、その全部を一通り覚えなければならないという認識自体を持っていないことが多い(実際全部を覚える必要性もない)のですが、店長候補さんならば、最低限その意味での認識は前提的に持っているはず、つまり、とりあえずお店で起こり得ることすべてを一通り身に付けておく必要がある、という程度の認識くらいは最低限持っているはずですから1の習得はいわば必然です。むしろ、放っておけばほとんどの人がそればっかりやろうとします。

だから、最初のうちはどんどん仕事を覚えてこなせていると思ってたのに、実際に責任者的な立場になるような段階になって問題が発生したように見えることが多いのです。

つまりたいていの場合店長候補さんは1についての認識がないのではなく、

1しか考えていないことが問題

なのです。なので2の指導を中心に考えるわけです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。