店長力スポンサー広告店長候補 > 店長候補のタイプ1
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
店長候補のタイプ1
お店では、店長候補とか幹部候補生とかいう立場の人でも、採用されたら現場でのOJTによってまずオペレーションを覚えてもらうことになるのが一般的です。大まかに言えば、つまりどんな立場で入ろうが研修課程は同じことだということです。

でも、そこで問題なく店長という職種に辿りつける店長候補さんというのはたいてい、そもそも十分に資質や能力を持って入ってくるようなタイプです。ここでは「タイプ1」と呼びましょう。分かりやすく言えば、タイプ1の人は、すでに今すぐ店長としてお店を任せてもたぶんなんとかやるだろう、と思えるような人です。

だいたいにおいて、タイプ1の人にとってそこで覚えることというのは、まさにそのお店の実際のオペレーションだけです。

タイプ1の人は、そのお店での指導がうまく行ってスムーズに成長した、というよりも、ほとんど初めから能力を持っていて、それをそのお店のオペレーションに「当てはめる」ことに多少時間が必要だから、店長候補という立場にいるだけなのです。

新卒採用もしているような大手チェーンなどは別として、ほとんどの場合お店で店長候補さんを雇おうとするとき実際にほしいのはこういうタイプの人材です。しかし、もちろん実情としてはこういう人たちだけで必要人員を満たすことはできません。ですから

「一から覚えられます」
「未経験でも大丈夫」
「やる気だけ持ってきてください」

というようなニュアンスの求人を出してもっと広く人材を集めます。

これは別にお店側が人を雇うためにウソを言っているというわけではないのです。もちろんたいていのお店さんは本当に一から教えるつもりなのです。

ただ、事実上の指導体制や社内制度は「タイプ1」向きになっている……つまり、オペレーションの習得に関してはたいていきちんと指導は受けられますが、意識とか考え方といった部分ではかなり属人的でアナログな指導しか準備されていないので、一生懸命指導しても結局タイプ1に当てはまらない多くの人は店長という立場までなかなかたどり着けません。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。