店長力スポンサー広告店長候補 > 万年「候補」になってしまいやすいタイプ
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
万年「候補」になってしまいやすいタイプ
おそらく、自分自身が納得できる動機を探る機会を逃したまま勤務している人は、お店なり会社なりに雇われて働くということは、そのお店なり会社なりの「規準」に沿った仕事を提供する必要があるのだ、というというような概念自体を持っていません。

ただ自分の過去の経験から自分なりの判断で、自分なりの物差しでできることをすればそれで十分「頑張っている」ことになるというふうに認識しています。だから、こちらからあえて何も問いたださなければ、そのままの状態で働き続けてしまうのです。

もし自分の考える規準とお店の方針に整合性がないとか、ここでは自分の動機そのものを満たすことができないとか、そういう認識が本人にあるならマシなのですが、そういう事柄を考えること自体を知らないのが厄介なのです。

意欲というものをはき違えている人は、もし雇用を継続するとしても、結局シフトを埋める要員以上には育たないで、一種膠着状態といえるような、ほとんど期待感の持てない人員として残ってしまう確率が非常に高いと思います。

日常的には、目立った成長はないがそれなりに頑張っている、というふうに周囲には映ります。しかし、そもそもの齟齬が残ったままですので、最初熱心に指導したり、なんとか意識を変えようと手を尽くたりしても一向に変化は現れません。指導している側もそのうち「結局、こいつはここまでの人材だったんだ」という気持ちになってしまい、いずれ放置されることになります。

……と言うととても悪い人員のように聞こえるかもしれませんが、考えてみるとそもそもコンビニなどの店舗ではアルバイトスタッフさんは前提的にこういう状況下で働いていることが圧倒的に多いです。つまりこういうタイプの人は、いるとマイナスであるとか業務に支障が出るとかいうわけではなく、一般のアルバイトさんと同じような役割を担う限りにおいては別に問題ない人材にはなります。

ただ、ここで前提としているような意味で「店長候補」というような立場で育てる意味が薄いということです。現時点で平均的なアルバイトのスタッフさんより多少作業能力が高いとしても、このままでは結局のところ将来的に店長になるとか、大きく成長して中核的な人材になるとかいうことがほとんど望めないという点で問題なのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。