店長力スポンサー広告店長候補 > 意欲をはき違えている人は、こういう話しを嫌う
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意欲をはき違えている人は、こういう話しを嫌う
一方で、たとえば具体的な作業についての指示や指導ならそれなりに素直に従うけれども、こういう少し抽象的な話、または、「自分が働く目的」というようなある意味でプライベートな問題に足を踏み入れるような話をすると、なぜか非常に拒絶的な反応をするタイプの人などもいます。こういう人だと、その後の指導が困難でコントロールも難しくなります。

必ずしも今実務能力が高いか低いかとは関係ありません。また、この時点で拒絶的な感じを醸し出す人というのは、先述のような「やる気や意気込みをアピールする能力」に仮に長けていても、それが本当に意欲的であることを証明しないので注意が必要だと思います。

仮に、ある意味で本人としてはそれなりの意欲を持っているとしても、その意欲というのは「自分なりに頑張る」という意欲でしかありません。この場合には「どういうふうに、どれくらい頑張るか」は自分の勝手であって、それを他人からとやかく言われる筋合いはない、というような感覚を持っていると思われます。

つまり、これは求められている「規準」との整合性を考慮していないということです。

実際に社員さんや店長候補の方を雇用している人なら想像がつくと思いますが、はじめから店長として採用して、いきなり店舗を任せ切るというような場合なら「君の考え通りにやってくれて構わない」というやり方もあり得るかもしれませんが、少なくとも店長候補のような立場の人に許される考え方ではないでしょう。

こういう人は、最初のうち、たとえば店長になりたいとか言って、いろいろ作業レベルのことを習ったり覚えたりしている間はそれなりに頑張っているように見えるのですが、いざ、少し責任ある立場や役割を与えようかという頃になって、

「私の考えと違う」
「やっぱり自分にはムリみたいです」

というようなことを言いだす可能性が高いです。まあ考え方の違いがあるというのはある意味で正当な理由なので別に責めることもないので、それならそれで早めに言ってくれればムダな指導や努力を強いる必要もなかったのに、そういう雇用者側の意図との「ズレ」を持ったまま勤務し続けてしまうことがむしろ問題なのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。