店長力スポンサー広告店長候補 > 店長候補の動機
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
店長候補の動機
社員採用などの場合には、当然前もって志望動機といったものをかなり整理して考えているはずです。だからあらためて動機を聞くなんて必要ないだろう、と思うかもしれませんが、実はそうでもありません。

むしろ、そうやってあらかじめ考えを決めて入ってくる人ほど、そのストーリーを疑ってかからないといけないのです。

典型的な例では「将来お店をやりたいから仕事を覚えたい」とか「御社は人材の育成に力を入れているので勉強になると思って」とか「御社の考え方に共感したので、その一員として貢献したい」とか、それなりに考えた耳触りの良い動機を言ってくる可能性が高いと思いますが、前提的に応募の段階では

「どう言ったら採用される確率が高いか」

ということを優先して考えますから、ウソとまでは言えないにしろ、それが必ずしも本音でないことは往々にしてあり得ます。

そもそも就職先を探している人というのは、平常心とは言い難い切迫感や焦燥感を持って活動していますから、ようやく採用が決まり、働きだしたところで初めてふっと気が楽になり、自分の真意を見つめる余裕が出てくるものだと思います。

その時点で落ち着いて考えてみると、たいてい、応募前に考えた志望動機は、自分の素直な気持ちをそのまま言い表しているとは言い難い、ということに気が付くのです。

アルバイトさんの場合はむしろ素直に自分の動機を言うので分かりやすいのですが、社員採用とか店長候補となると、逆に本人があらかじめ動機のストーリーらしきものを想定していることが却ってじゃまになるわけです。

このような状況で本人が言った動機のストーリーはたいてい非常に表面的なものにすぎず、よって本音ベースで仕事の規準をそこに組み込むことはできません。すると、立派なことを言ってる割には仕事ぶりがそうでもない、一体何を考えてるのやら……という印象になります。

「結局、やる気がないんでしょう?」

という話しになってしまいやすいのです。

しかし、だからと言ってすぐに本心を答えられるようにしろ、というのも難しい注文ですので、

「まあ、もう少しじっくり考えてみれば?」

というくらいでその場はいったん収めます。

社員候補さんというのは、たいてい自分でも何がしたいのか本当はよく分からないまま入社してくることが案外多いものです。人員的に余裕があるのなら面接などの段階である程度見極められればベストですが、いったん雇用してしまってからでも、動機についてはある程度時間をかけて何度も自問自答する機会を作ってあげることが必要でしょう。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。