店長力スポンサー広告店長候補 > 意欲=動機×規準
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意欲=動機×規準
さて、動機を素直に見つめられるようになったとして、次に、今度はお店での仕事そのものに「目的」があるということを意識させます。仕事として何を求められているのかということです。

これを最初はごく抽象的にですが提示します。他のところでもこの言葉を何度も使っていますが、私は仕事そのものの目的とか、提供するサービスのあり方などのことを「規準」と呼んでいます。つまり、意欲と言ったって本人が本人なりの考えで勝手に頑張れば足りるわけではなくて、当然に「規準」に沿った仕事を提供しなければ目的は達成されないんだ、ということを説明します。

動機は自分が仕事をする目的、規準は仕事そのものの目的であり、この両方が明確に区別されて意識されるほど、意欲は大きくなると私は考えます。

そこで、これは特に店長候補の方とかに限りませんが、この2つの質問を同時に投げかけます。

「あなたが自分が仕事をする目的はなんですか」
「では、この仕事そのものの目的はなんですか」


と。この2つの質問は、最初はいわば対立的なものとして認識させます。

ところで、こういう話しに積極的に乗ってくるタイプの人は非常に指導しやすいし、こちらの意図に沿った仕事を提供してくれる可能性も高いです。つまり、こういう話しに自分なりにも興味を持ち、ある程度真面目に考えたりしてくれる人こそ、まさに私が思う「やる気がある人」なわけです。

さて、この両者をある程度明確にしたところで、結局、

意欲と言うのは「動機を達成するために、規準を達成しようとすること」なのだ

と説明します。あなたが仕事で得ようとしているものを得るには、仕事そのものの目的を踏まえて、それを達成することが(手段として)必須なのだ、と認識させるわけです。

おそらく本当はもっと複雑な要素が絡んでくるとは思うのですが、「動機→規準」というふうに単純化したほうが本人の意識がはっきりするので良いと思います。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。