店長力スポンサー広告店長候補 > 動作主義
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動作主義
もちろん、実際にお店でのOJTによって「やる気」とか「意欲」とか、そんな問題まで面倒見れるか、というのも理解できます。ほとんどのお店では、いわゆる「指導」といえば実際の作業のやり方を覚えてもらう、という意味ですから、まさか、やる気を「表現する」技術そのものを研修とか指導過程に含めるべきだと考えるお店はたぶん稀だと思います。こう書いている私も、理屈としてはそうだが実際には非常に難しい指導であることは承知しています。

なのでその代わりに、もともと「やる気がある」人を募集して集めようと考える。または、店長さんなどの人柄や熱意を訴えることによって、本人のモチベーションや意欲、つまり内面的な傾向そのものに影響を及ぼすことで、結果的に態度や動作を修正しようとするわけです。こっちの方が比較的簡単な気がするからです。

これがいけない訳ではありません。むしろこれは前提的に大切なことです。初めからそういう人を採用できればそれに越したことはないのです。

しかし問題は、こういうアプローチだけでは必要十分な質のスタッフさんを必要な数集めきれないということでしょう。ですからどこのお店も「人が育たない」と言って困っているわけですね。

そこでやはり考え方を少し変えて、極端に言うと、実際にその人に意欲があろうがなかろうが、少なくとも他人から見た場合に「やる気があるように見える」ためにはどういった言葉遣いや、動作ディテールが必要なのかということを「教える」必要がある、という前提で指導過程を作ったほうがよいと思うわけです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。