店長力スポンサー広告店長候補 > 意欲の表明は技術である
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意欲の表明は技術である
意欲そのものは他人から見てもよく分かりません。もちろん、長くいっしょにいて、その人なりの考えや性格を理解すればある程度は分かってくるかもしれませんが、少なくとも採用初期の段階で「やる気がある」「ない」という判断は本当はできないだろうと思います。

実は、たいてい雇用する側が「やる気がある」とか言っているのは、

(1) やる気を「表現する」技術をあらかじめ身に付けている

という意味のことを指しています。それと、同時に

(2)あらかじめ実務に耐えられる能力を持ち合わせている

ということも含まれます。仮に意気込みだけ立派に見えても、作業をやらせたらどうしようもない、というタイプの人では結局「そのやる気はウソだろ!」という話しになってしまいます。

つまり、やる気がある人と呼ばれるのは、実際には「十分に実務に耐えられる見込みがあり、かつ意欲的な態度や動作を示す技術も持っている」人です。

それで、見て分かるとおりこれらは本人の内面的、精神的な問題というよりは、どちらかというと外観的、技術的な問題であるとも言えます。ということは、(もちろん、最初からこういったスキルを身に付けている人を採用すれば楽ですが)初期の段階で「どうも、今ひとつやる気が感じられない」と思える人であっても、理屈としては、何らかの指導によって少なくとも「やる気が感じられる人」に修正することは不可能ではないということです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。