店長力スポンサー広告店長育成 > 目指す店長像の差
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目指す店長像の差
店舗運営、また、店長としての「仕事」に対するイメージは、先に示したように、その人によって結構違いがあり、その目指すイメージの差が「店長候補」に対する指導や評価の際に、意識されず様々な誤解や無駄を生んでいるのではないか、私はそのように感じます。

単純にどれが一番良くてどれがダメ、という話でもないのですが、もしも、指導する側の現店長さんと、指導を受けている店長候補さんが、1つの店舗の中で前提的に違う理想像を描きながら仕事していたら、うまくいかないのではないか、と想像します。

余談ですが、最近は、お店での指導・教育といった面でもFC本部がかなり力を入れていると思いますが、それでも、その対象は、やはり初級スタッフさんや、あくまでアルバイトさんとして在籍している人に対する管理的指導の域を出ません。もちろん、本部には新たに「店長を育てる」といった観点は、ありません。そもそも、それは本部が考える必要のある問題ではありません。

ですので当然ですが、店長候補の方を育てるノウハウ、といったものはほとんど定型化されていません。つまり指導する側の店長さん次第なのです。また、結局のところ、どういう人材を集めて、どのように育てるのか、は、それぞれの経営者(加盟者)の方の考え方や、悪くいえばその方の気まぐれで決まるようなところもありますので、なかなか標準化しにくいものです。

とにかく、日頃の実感として、たとえば仮にですが、指導する側の店長は

「コイツがここがダメ(自分のイメージする店長像と異なる)。だから。そこが変わるように教えてやろう」

と思って熱心に指導している傍ら、

当の店長候補の人は、たとえば

「ここのお店はこういう特徴があるから、『今はこうだけど』、自分が店長になったら、別にそういうやり方はしないでいいよなー」

などと思っている。こんなズレがあるのではないか、という気がするわけです。

こうなると指導といっても非常に限られてきます。それでも店長として立派にやる人はやるのでしょうが・・・

指導しようとしている側としてはとても歯がゆい、ジレンマなのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
クボタさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

店長サポートとのことで、貴ブログも拝見させていただきましたが、大変興味深いですね。
内容も豊富なので、今後も読ませていただきたいと感じました。

よろしくお願いします。
2009/10/24(Sat) 23:05 | URL  | Y [ 編集]
初めまして。
以前から拝見させて頂いています。

ある意味非常識な人間が、12月から頑張る店長のサポートをしていきたいと考えております。10月から始めたブログですが、よろしければお立ち寄り下さい。
2009/10/16(Fri) 18:52 | URL  | クボタ [ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。