店長力スポンサー広告店長育成 > 店長さん自身の心境の変化
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
店長さん自身の心境の変化
店長候補が出現したときの変化には、店長さん自身の心境の変化も含まれます。

たとえば、今まで自分の力を頼りに頑張り続けてきた店長さんが、店長候補がいることによって安心してしまい、業務に対する集中力を失ってしまったり、今までのように高いモチベーションを維持できなくなる可能性もあります。

元の店長さんと、アルバイトスタッフさんとの関係も微妙に変化します。アルバイトさんから見ると、元の店長さんと、店長候補さんのどっちを今時点での店長とみなせばよいのかはっきりしない状態になるかもしれません。店長候補といっても、まだ個別の業務、たとえば清算業務とか商品の発注業務とかを習っているような段階ならさして問題ありませんが、いずれ店長として仕事してもらうには、それこそ、シフト管理やアルバイトの採用、指導、評価といった点での経験を積ませたいところです。

ところが、そうなると、はっきり言って形の上では元の店長さんは「蚊帳の外」にいなければなりません。つまり、店長候補さんに店長としての仕事を実践してもらおうとすれば、イメージとして、元の店長さんがいないと仮定した体制を作る必要があるのです。そうしないと、たとえば指導を施しているように見えて、実は店長候補さんは結局、元の店長の指示や意向をアルバイトさんに伝えているだけ、ということになりかねません。これだと経験を積ませているというよりも、単に指示が二段階になって手間が増えただけで、本末転倒ということになりかねないのです。

しかし、こういう状況では。むしろ店長候補よりも元の店長さんのほうが困惑する傾向があるように感じます。単純に言っても、今まで自分を慕ってくれていたスタッフさんが、今後店長候補さんの指示で動くことになるだけでも感情的にあまり愉快ではありません。スタッフさんの行動に口を出したい場面でも、店長候補にある程度業務を任せている手前直言しにくい状況も生まれます。これがエスカレートすると、店長候補さんの一挙手一投足が「ダメダメ」に見えてきたりします。

「どうして、こんな素質のないやつを店長候補として雇ってしまったのだろう」
「こんなことなら、以前のように自分がお店に入って回してたほうがよかった」

などと不満が募ってきます。もちろん、指導してやろうという意欲さえ薄れてくるでしょう。すると、万年店長候補がいる状態でお店が安定してしまい、何のための店長候補だったのやら・・・という結果になってしまいます。


※ 関連記事 「万年店長候補」
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。