店長力スポンサー広告店長育成 > 理想の状態を保つために
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
理想の状態を保つために
あえて極論、

お店がちゃんと運営されていれば、店長さんは何もしなくていい

と言いましたが、もちろん実際に何もしなくていいわけではありません。「しなくていい」というのは、表面的な作業レベルでいちいち手を出さなくてもいい状態、という意味であり、むしろ「何もしなくていい」ような状態を作ること自体が店長の仕事なのだ、という言い方もできるでしょう。

そのために日々アルバイトさんを指導し、業務を標準化し、分担し、コミュニケーションし、それでも不足の部分は自ら動いて日々絶え間なく処理しているわけですね。

アルバイトスタッフさんの指導にしろ、コミュニケーションにしろ、それぞれ個別の分析やノウハウが必要なのでしょうが、今の話しで言うと、まず、店長が、前に言った

お店のあるべき一定の姿

をはっきり持っていないことには始まりません。これが欠けている店長候補さんは、たとえオペレーション一つひとつがどんなに熟達していても、それでそのまま店長として通用する、とはいかないわけです。

お店のあるべき一定の姿のことを「規準」と言います。つまり、自分がお店を持った場合なら、自分が何をどういうふうに提供したいのか、または、店長候補という立場なら、今指導を受けているそのお店の店長さんなり、会社なりが要求している「規準」は何なのかを熟知しないことには、前述の「消去法」の仕事・行動は不可能なわけです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。