店長力スポンサー広告OJT > 指導も「期待」が大切
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指導も「期待」が大切
では逆に考えて、そこで、もし、あなたの「返事」が、指導する人にとって非常に好ましいものだったらどうでしょう。その場合非常にやりやすくなります。そして、あなたは指導者から見ると、

「珍しく、意欲的な人だ」
「この人は、他の多くの人とはまったく違う。非常に貴重な人材だ」

と映ります。実際これだけでも本当に珍しいのですから、自然にきわめて好意的な評価になります。特にごく最初の段階では、たとえば、あなたが実際にその作業を理解しているかどうか、指導内容の伝わり具合がどうか、そんなことよりも、

「返事が良い」とか、
「気分よく説明させてくれた」

ということのほうが、よほど強く印象に残ります。たぶん、指導をしてくれたその人は、必ずあなたに特に目をかけてくれるようになるでしょう。他の誰に対するよりも、あなたへの指導に熱心になります。あなたの成長を優先します。ふつうだったら、言わないまま済ませるような、また、気兼ねして言えないようなことでも、あなたにはあえてはっきり注意してくれます。初心者にありがちな、くだらない質問だと感じても、あなたから聞かれたのであれば、好意的に解釈して、積極的に詳しく説明してくれるようになります。

私は、これを「えこひいきだ」というふうに考えるべきではない、と思います。むしろ人間の自然な心理です。別の言い方をすれば、それはあなたの返事が良いことによる当然の帰結です。

誰だって、どうせ指導したり、注意したりするのなら、きちんと受け止めてくれる、効果も見込める相手にしてあげたいと思うに決まっています。あなたに指導してあげることは、ふだんそうでない経験ばかりしている指導者にとって

「非常に有意義で、ともすると、楽しいこと」

と感じられるようにさえなります。

そして、職務として義務的に指導する場合と、望んで好意的に指導する場合では、その効果はまったく変わってきます。もし、その職場で主に指導を担当する人が、最初からそのような良い印象を持ってくれるとすれば、その時点で、あなたの基礎的な業務能力の向上は保証されたようなものなのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。