店長力スポンサー広告OJT > 指導には基礎体力が必要
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指導には基礎体力が必要
なんでも自分の思う通りにはならない、と分かっているつもりでも、初めて人を指導する立場になったときには、たいてい一度は、

「他人というのは、こうも思い通りに動かないものか」

ということにあらためて直面し、愕然とするものです。

 しかし、このようなジレンマを抱えながらも、

 「もっとうまく指導できるように、経験を積もう」
 「少しでも、相手の気持ちを察してあげよう」
 「そもそも、そんなに思い通りになるはずがないんだ」

と何度も思い直し、より相手に配慮し、少しでも効果的な指導が施せるように想像以上に相手に神経を使い、熱意を持って指導に当たろうとするのが自然な態度だと思います。

もちろん、指導される立場の人だって不安はありますし、指導者の言動に敏感にもなるでしょう。しかし、それは指導する側も同じなのです。 当然、指導している相手の、何げない一言、ちょっとした動きや表情というものに、とても敏感になっています。それどころか、熱心な指導者ほど、何倍も敏感に相手の心理を察知し、それに沿ってより効果的な方法を取ろうと努力します。

ところで、別の面で、人に何か教えるというのは、非常に疲れるものです。特に、仕事での基礎的なOJT(現場で、実際に作業をしながら指導をすること)というのは、たいてい教える側が、ほとんどしゃべりっぱなしでしょう。しかも、そのしゃべることというのは、もちろん自分にとっては、すでに分かりきっている内容であり、指導するたびに、同じ事を繰り返し繰り返し言わなければなりません。また、相手が話についてきているか、疑問を持っていないか、誤解していないか、と相手のペースで説明しなければならないため神経を使います。

このように、人に指導をするというのは、実際にやってみると、体力的にも精神的にも想像以上に重労働なのです。だから、指導には技術もさることながら、熱意や使命感、責任感が大切ですし、同時にある種の体力というか、スタミナが必要なのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。