店長力スポンサー広告OJT > 管理者の役割期待
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者の役割期待
1 そのものが、管理者、上位者の役割だと思われているから

という点ですが、あらためて言うと、役割期待というのは、その人の本来の職務、本業とは言えないのだけれども、一般的に

「これは、やってもらえるのではないか」

自然に期待されるような役割、ということになるかと思います。

たとえば、お店にはよく、

○ トイレを貸してほしい人
○ 道を尋ねたい人

などが訪れるでしょう。厳密に言うと、お店はあくまでも「販売」を業としているのですから、そういう「買わない人」にわざわざ対応する必要はないはずです。当たり前ですが、対応したところで、その場で対価は発生しません。

しかし、だからと言って

「ウチは公衆トイレでも、交番でもないんだよ」

などとむげに断ったら相手は怒りを感じるでしょう。なぜ怒るんでしょう。だって、筋から言えば、断ったからと言って(困るのは確かでしょうが)怒られる筋合いもないわけです。

でも、多くのお店はトイレも貸し、道も親切に教えてくれます。それは、お店という場所にその種の役割期待が存在するからです。

で、店長さん、または職場の上司、という立場の人は、同じように

「何でも教えてくれる」
「部下を成長させてくれる」

という役割期待を持っている存在なのですね。だから、本業とは少しずれているのだけれど、その役割期待に答えてくれることを求められる、というのが自然なのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。