店長力スポンサー広告OJT > 安易に「育てる」とか言わない
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安易に「育てる」とか言わない
考えるべきことは、まず、多くの場合、お店で実際に起こっている管理上の問題や、いわゆるヒトの問題というのは、そもそも「人を育てる」云々ではない、ということです。

つまり、今生じている問題、それはたいてい、管理的指導の不行き届きに過ぎない。それなのに、個別の人的問題や、オペレーションの不徹底といった問題と、「人を育てる」という概念をすぐに結びつけてあれこれ悩んでいるだけでは、余計に解決が困難になります。

むしろ、「育成」と称して「管理」することは、非常に欺瞞的でしらじらしい印象を受けます。これは、自分がそれを受ける側に回れば否応なくすぐに理解できます。しかし、なぜかやってる本人はまったく気がつかない、それが厄介な問題なわけです。

多くのお店で、日々「管理なんだか、育成なんだか」よく分からない「指導」が行われています。その環境下で、スタッフさんたちも

「な~んか、納得いかねえー」

と感じつつも、黙ってその指導を受け入れながら毎日仕事しているはずです。

対人関係、人間関係といった言葉に過剰に敏感になるタイプのスタッフさんもいれば、いつも「ヒトの問題、ヒトの問題」と言いたがる、ある意味で「人好きな」店長さんもいます。しかし、管理的指導の問題である限り、それはむしろ直接的には管理者自身の業務上の問題である、と割り切ることです。要するにほとんどの場合

「ヒトの問題」が発生するのは自分のせい

と自覚することが大切なのです。しかも、自分のせい、と言ってもそれは、あなたの性格や人間性、といった範疇のことではなく、

自分がすべき業務が滞っている

ことが問題なだけです。

このように、ある意味で割り切って考えることが必要なわけですね。そうでないと、店長さんの頭の中とは逆に、実際のお店の中は「人が育つ環境」どころか、それとはまったく反対の方向に傾いてゆくことになるわけです。

管理的指導について私が考えているポイントや方略はすでに述べた通りです。たとえば、権威的スタイルでよいから、細かい動作からどんどんOJTを進める。同時に、そのOJTをいっしょに進めてくれる部下を早く多く作る。すでにできている部分を定型化してゆく・・・このように、道筋がはっきり見えてくれば、

「こんなに、みんなのことを考えているのに・・・」

と的外れな不満を抱いたり、

「自分のどこがいけないのかなー」

と、自分自身の指導力不足を疑ったり、悩んだりしている、その時間を使ってすぐにできることもたくさんあると思います。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。