店長力スポンサー広告OJT > 指導と育成の違い
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指導と育成の違い
人を育てる

この言葉ほど、ありきたりな言葉はない、とさえ感じるほどに、どこのお店でも企業でもいわれることだと思います。そして、そのために人材育成システムが作られ、日々のOJTは体系化され、またマネージメント層の指導力が問われます。

しかし、ここからは私の考えですので必ずしも一般的とはいえませんが、実は、

「指導」と「育成」というのは、まったく別のこと。むしろ、まったく逆のこと。

というくらいに極端に区別するつもりで考えたほうがいいと思います。

私なりの定義を披露すれば、まず

指導とは、イコール管理的指導です。

つまり前に述べた通り、業務であり、管理の一環であり、仕事の上で必須な行為です。

そして、これと意味的に対峙するのが「育成」という行為であり、今まで

「意識を変えようとするな」
「相手を変えることばかり考えるな」
「共有ばかり考えるな」
「大きすぎる概念を語るな」

など言ってきましたが、実は、このように話の中であえて管理的指導という範囲から外してきた事柄は、実はたいてい「育成」という範疇では無視できないポイントになると思います。

指導とは「人を動かす」ために行うもので、育成とは「人を育てる」行為、と言い換えることもできます。そして、この意味では、極端に言うと両者はまったく逆の態度、配慮、技術が要求されるようにさえ思うのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。