店長力スポンサー広告OJT > 人の上に立つと
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人の上に立つと
もちろん、表面的には、スタッフさんたちは

「店長すご~い」
「頼りになります~」

とか言うでしょう。というか、ヒエラルキー願望の強い店長さんというのは、ある意味では実際、非常に頼りになる、ともいえます。それを、あえて言葉にすれば、

「勝手に頑張ってるから、ま、やらせておけばいいんじゃない?」

ってことなわけです。つまり、ひとりで全部抱え込んでくれるので、実質的にスタッフさんたちはある意味非常に楽なわけです。

ただ、これはスタッフさんたちがずる賢くて、不真面目だから、とか、そういうわけではありません。むしろ、スタッフさんの立場から見ると、そういうタイプの店長さんの下では、表面を繕ってやり過ごすしか選択肢がないのです。

特に、ふだん何となく、働く人たちが表裏を使い分けているフシがある、または、なんでも店長さんに押し付けて、自分たちで責任を負おうとしない傾向がある、という場合には、自分自身がそういう雰囲気を出している可能性が強いので、あれこれ言う前にまず我が身を振り返ることが有効です。

ただ、人間であれば誰でも、少しはそのような願望を持っているのでしょう。これは、個々人の性格とかいうよりも、人の上に立つと、誰もが多かれ少なかれ自然にそういった心理になってしまうのかもしれません。それは仕方ないとさえいえます。私自身、頭で分かっていてもついそういう態度になってしまうことがあると自分でも思います。

「もしかして、ウチのスタッフさんたちもそう思っているのではないか」

と、ふと心配になります。これは、相手を疑ってかかるといった意味のことではなく、

「自分はだいじょうぶ」

とタカをくくってはいけない、という意味です。

むしろ、スタッフさんとの関係が一見順調なときほど心配になります。こういった、心の深いところにある願望や欲求と言ったものは、自分ではほとんど発見できませんので、これはもう「ある」という前提で、常に忘れず警戒しておかなければならないだろうと思うのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。