店長力スポンサー広告心構え > お店の方針の提示
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お店の方針の提示
ごく抽象的だが、私のお店では、先に述べた「大きな目的」とともに、次のような「条件」を提示する。


はじめに、一緒に仕事をする上で、どうしても聞いてもらいたいことが3つあります。

1つ目に、決められたルールやマナー、それに自分の良心にしたがって正しく仕事をしてください。ルールやマナーをいいかげんにしてしまうと、お客様や仲間たちに迷惑がかかるだけでなく、あなた自身が、仲間に信頼されなくなり、仕事に集中できなくなり、非常に後味の悪いやめ方をすることになります。不正行為を絶対にしないでください。もちろん厳しく処分します。しかし、それ以上に、不正をするとあなた自身にとって非常に良くない影響があります。

2つ目に、私たちの仕事は、レジとか、品物を並べるとか、というだけではありません。私たちの仕事は一言で言うと、良いお店を作って、お客様に喜んで買い物をしてもらうこと。その目的のために、いろいろやることがあり、それも一番良いと思われるやり方で実行しなければなりません。いいですか、決まった時間から時間までいればいいというのではありません。覚えた作業を黙ってやればよいというのでもありません。あなたはこのお店を良いお店にしなければなりません。それにあなたが良い販売員にならなければなりません。作業員ではありませんよ、販売員ですよ。これから毎日ひとつひとつやっていくことは上の目的を実現するためにやるのであり、その目的を忘れてしまったら、仕事をしているとは言えません。目的をはっきり意識して仕事してください。

3つ目に、仕事そのものを楽しくするように心がけてください。仕事をしている時間が、苦痛になるようなやり方をしないように注意してください。楽にではありません。楽しくです。勤務時間を楽しくすごす、ということでもないですよ。仕事そのものを楽しくするんです。


実際には、具体的な要素が含まれていないので大まかな意思表示という域を出ないが、それでも、「目的」と、「方針」をある程度のつながりを持って、スタッフさんの頭の中にイメージさせる効果はあるのではないか、と思う。

要するに、細かいルールや作業などを覚えてゆく前に、それらを体系的に位置付けるための「大枠」を先に提供しておく。そうしないと、多くのスタッフさんは

○新しく覚えたこと
○最近言われたこと

に単発的に対応することで、仕事が成り立っているのだというような誤った感覚を持ってしまいがちだから。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。