店長力スポンサー広告OJT > ヒエラルキー願望
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒエラルキー願望
第二が、指導する立場に立った人が、

自分なりの指導の目的、方針、または、具体的な方略を相手に教えることを避けたい

という心理が強い場合です。

先にコーチングの話で言ったように、

「コーチングしてあげるけど」
「コーチングそのものは教えたくない」

というような気持ちがある場合です。

ふつうに考えると、教えられている本人が、それなりの疑問や欲求を持っていることが明らかな場合には、指導する側が想定しているゴール、または、どういう方法で指導しようとしているのか、という方略や、方法論の意図、こういったものを隠しておく必要などありません。

もちろん無理に納得させる必要もないわけですが、逆に言って、

「私はこうやって、こういうことを教えようとしている」

ということを言ってはいけない、などいう根拠はありません。むしろそれは、指導者自身が、

「あの人は教え方が上手い」
「あの人がさすがだ」

というふうに思われたい、相対的に能力が高いと思われたい、というような願望からそうしている場合があります。単純に言えば、自分のノウハウを自分だけのものとして隠しておきたいわけです。

もっと言えばそれは、相手との関係を

「自分は教える側、君は教えられる側」

というように固定しておきたいという心理の表れなのです。

「オレは店長、お前は販売員」
「俺は社員、お前はバイト」

お店に限らず、会社などでも、かなり多くの人が内心でこのような心理を持っているように思います。

ある場合には権威的、または威圧的にふるまうことも必要かと思いますが、それは特定の指導効果を狙って、または管理的な判断から「ふるまい」として選択した結果であるべきで、教える人の勝手な願望からそうなってしまってはいけないだろうと思います。

もし、自分の威厳を確立したいとか、人間的に認められたい、評価されたいと思うなら、むしろそんなやり方は逆効果です。ふつうにきちんと指導、管理できるほうがよほど評価されるはずですし、そもそも、そんなことは管理的指導という業務を使って実現することではないのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。