店長力スポンサー広告OJT > コーチングそのものを教える
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コーチングそのものを教える
もし職場内でコーチング的な指導手法を行おうとするなら、こういう意味であれば有効なものになるかもしれない、と思います。それは、コーチングという方法を通して、教えられている本人が、

1 自分で問題や課題を自己発見して
2 適切な質問や疑問の設定に置き換え
3 それに自分で答えることで考えを整理して
4 自己解決したり、
5 周囲に働きかけたりする

ということそのものを習得する、ということに主眼を置く場合です。つまり、それは

課題策定、課題解決に関するスキルを習得させるための方略

として有効な面があるわけです。この場合、指導する側は、まず実際にコーチングを行うことはもちろんですが、それと同時に、このコーチングというのはどんな方略の一環として行うのか、どんな効果を期待しているのか、ということも教えてやる必要があります。つまり、

答えを見せてからやる

というのが大きなポイントです。次には、他人からコーチングを受けなくてもコーチングされた場合のように自律的に問題解決できる、ということを発見させます。言い方を変えれば、

あなたも他人(または自分自身)に対して、コーチングという手法を使いこなせるようにする

というところまで踏み込んで伝えるのがいいわけです。これも、つまり前に言った5STEPトレーニングです。私が思うに、仕事の場合には、ここまでをセットで指導して初めてコーチングを取り入れる意味があります。

ところが、特に、上司はたとえば自分の尊厳を示そうとして、または、自分のマネージメント能力を誇示するために、

「自分はコーチングという手法を駆使できる人だと思われたい」
「しかし、部下は、私のコーチングによって、私が期待する成果を挙げればよいだけ」

などと考えていることがあります。実は、こういう、指導者側の心理的な問題が、ダブルバインドを引き起こしてしまうわけです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。