店長力スポンサー広告OJT > コーチングがうまくいかない理由
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コーチングがうまくいかない理由
一見、効果があったように見えたとしても、たとえば、コーチングすると効果のある部下は、

常にコーチングしないと効果が途切れる部下

になってしまうかもしれません。いわゆるカウンセラーやコンサルタントといった職業の方から見ると、ある意味いいお客様となってしまうかもしれませんが、実際に指揮命令系統下にある部下がそんな態度だったら管理上は困ります。上司から見ると、こういう部下は

素直で従順だけど、トロくて使えない部下

に見えます。なぜそうなってしまうのかと考えると、もちろん、ひとつにはお店のスタッフさんは短期的に多くのことを習得するよう求められることが多いので、単純に

ついていけない

という場合もあると思います。自分で考えろ、と言っても、十分に知識や経験のない事柄について考えるのは、想像以上に時間がかかるものなのです。指導する側は、すでに分かっている答えを期待していますから、そういう目で見ると、

「何て判断の遅いヤツなんだろう」

と感じるでしょうが、これは、前提的な差に配慮していないからであって、必要な知識を早く詰め込みたいのなら、単純に都度指示を出して動いてもらったほうが早いわけで、指導の仕方も、主に権威的指導スタイルのほうが適しており、そもそもコーチングのような手法を駆使する必要性が薄いことになります。

もっと端的に言えば、そもそも

「自分で考えて動いてほしい」

などと考える段階ではない、ということでもあります。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。