店長力スポンサー広告OJT > 主体性を求めるなら
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
主体性を求めるなら
もし、単に

「もっと自分の頭で考えて仕事しろよ」とか
「どんどん失敗しろ」

とか言って、それ以上特に指導しなくても本人が自分でそれを実現できたら、それは指導の結果と言うよりも、そのスタッフさんは単に指示に従っただけです。あえて言えば、もともと、やろうと思えばできたのに、そのように指示されていなかったから今までしていなかったわけで、むしろ管理者の不行き届き、指示命令の不徹底が問題だっただけではないでしょうか。

ただ、ふつう、はっぱをかけるだけで主体的に動けるようになるスタッフさんはいません。

というのも、多くの場合、スタッフさんが主体的に動けない(あるいは、動かない)理由は、何か別のところにあるからです。それも、メンタルケアとか、モチベーション管理とか、なんと呼ぼうと構いませんが、たいていの場合、その主たる理由はまさにあなた(店長さんや、指導している担当者)にあります。これは原因となっている本人にとっては非常に自覚しにくいことですが、ハタから見れば一目瞭然です。

とにかく多くの店長さんは、配下のスタッフさんが主体的に動こうとしないのを見て、何とかしようとして、

「もっと、ちゃんと指導しよう」

と考えると思いますが、現実にはそういう店長さんが指導に力を入れれば入れるほどスタッフさんは

主体的に動くことをやめようとしてしまいます。

つまり悪循環ということです。管理する人は、そうでなくても何かと指導方法の問題、または、指導の量の問題と考えがちですが、働く人の主体性やモチベーションといったものは、「指導」とは直接関係ない部分で決定されることのほうがむしろ多いはずです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。