店長力スポンサー広告OJT > 安易なコミュニケーションの代わりに
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安易なコミュニケーションの代わりに
人を使おう、相手を動かそう、と考えると、つい相手のことばかりが気になってしまいます。相手をコントロールし、心身ともに支配して忠誠心を持たせることがマネージメントだ、などと極端に考えている人も少なくありません。

しかし、そういった偏ったスタンスでは、どうしても自分の姿が見えなくなってしまいます。

相手の気持ちを考えればごく当たり前に理解できることですが、そもそも上のようなスタンスで自分に接してくるような人物に、だれが

「この人に指導してほしい」

と思うでしょうか。

パラドックスのようですが、相手のことを真剣に考えようとすればするほど、自分自身に目を向けなければならなくなります。また、自分自身が見えなくなっている人ほど、他人の言動や心理をコントロールすることばかり執着するようになるものです。

考えてみると、安易な「コミュニケーション」よりも効果が高い働きかけはいろいろあるはずです。

○ 自分自身が深く考え、その考えに従ってはっきり行動する
○ 良い、と思う行動を見たら、明確に「良い」という意思表示をする

こういったことは、口でくどくど言うよりよほど相手に伝わります。また、

○ 店舗のオペレーションを想定する規準に基いて再構成する
○ 意識が「お客様」に向かうために、逆に「それ以外の余計なことに目がいかない」ような職場の状態を作り出す
○ 先延ばしにせず、決めることをちゃんと決める

といったことも、管理者ができる働きかけに含まれるでしょう。これらは、直接的には「指導」と呼ぶものではないですが、まさに

結果的に非常に強力な指導効果がある

と言えると思います。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。