店長力スポンサー広告OJT > 気にしすぎるのも他意になる
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気にしすぎるのも他意になる
自分の姿を省みない、独りよがりな態度というのはもちろん避けるべきですが、かといって、

「ここで、こう言ったらセクハラになるのかな・・・」
「あんまりはっきり言うと、パワハラだと反発するかもしれないし・・・」

などと、いちいち気にして不安に思っていると、相手に余計におかしなメッセージを与えてしまうことになるでしょう。ですから、前に言ったとおり、指示命令するときも、指導をするときも、これは自分の仕事のために必要な「働きかけ」だという自覚と自信を持って相手に接することがまず有効で、一つひとつの挙動や言葉使い(一方ではそれも大切かも知れませんが)だけをいくら気にしても、そもそも「他意」が含まれていれば問題はなくならないのだと思います。

あまりに相手の反応や意向を先読みしてばかりいては、それそのものが「他意」になってしまいます。

「相手にどう見られるか」
「相手がどう反応するか」

ということに過剰に敏感になる必要はありません。むしろ、素直に自信を持って指導すれば、多少の不備や不足など問題にならなくなります。

働きかけ、というからには、リアクションではなく、常にアクションを念頭に置かなければなりません。そこから、

○ 「報告をもらう」より「報告を聞きに行く」
○ 自分から情報発信する

といった具体的な行動指針も生まれてきます。

また、口頭で直接伝えたり、コミュニケーションをとったりすることは、働きかけとして出来ることの「ごく一部」であるという認識も必要だと思います。

もちろん、適切な説明をする能力や、いわゆる対人関係能力といったものもお店で働く上で主要なスキルだと思いますが、特に管理指導に際して、多くの場合不足しているのはむしろ周辺的なツールや環境、そして何より自分自身の業務の整理のほうであり、単に

「どういう説明をするか」
「どういう接し方をするか」

という範囲でしか考えなかったとすれば、さまざまな働きかけの機会を自ら限定してしまうことにもなるでしょう。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。