店長力スポンサー広告OJT > 職場の人間関係
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
職場の人間関係
最初に述べましたが、人が育つ環境作りのためには、スタッフさんの総意と、参加意識が不可欠です。ところが、そういう話になると、必ずと言っていいほど出てくるのが、

人間関係

という言葉です。言うまでもなく、職場の悩みや退職理由で圧倒的に多いのが「人間関係の悩み」であり、職場の風紀や人員のモチベーションを上げるのも下げるのも「人間関係が第一」であり・・・もちろん、指導に限らず仕事というものは、実際にはそれこそ人間と人間の関わりそのものという面もあります。人間関係がよければ、他のことはたいていどうにかなります。

しかし、だいたいにおいて、仕事上この「人間関係」という言葉が何を指すのか、が極めてあいまいです。スタッフさん同士のたわいないグチや雑談ならともかく、店長さんとか、管理に関わる人があまり人間関係という言葉を多用すると、全部人間関係の問題になってしまうわけで、そういう方向に話が進んでゆくとたいてい結論の出ない問題になってしまいます。

あえて言えば、スタッフさんなどからすれば、お店に散在する問題や課題などというものは、すべて「人間関係の問題」と括ってしまうのが一番手っ取り早く、興味もそそり、しかも楽な方法です。ですから、特に「指導」に限った話ではないですが、私はここに「人間関係の問題」を持ち込むことは非常にまずいと考えています。それは同時に、お店での仕事の規準、目的、意味付け、といったものを曇りガラスのように覆い隠してしまうことになるからです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。