店長力スポンサー広告募集 > 気分的な違い
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気分的な違い
募集に力を入れるとして、次に、すぐ問題になるのは「応募者の受付対応」です。

募集を出したら、とにかく面接だとばかり、気がはやります。どんなヒトが来てくれるのか、ワクワクする瞬間です。新しい人と出会うのは、楽しいものです。

しかし、そう思っているのはたぶん、店長さんだけ?

かもしれません。当然、応募する側からすれば、電話をかけるのも、面接を受けるのも、どちらかといえば気が重いものです。面接するのと、面接されるのと、どちらがやりたいかと考えれば、相手の心境も分かるというものです。

もうひとつ考慮すべきなのは、すでにお店で働いているスタッフさんの心理です。もちろん、

「どんな人が応募してくるんだろう?」
「新人さんが入ったら、私も先輩になるんだ・・・」

といった興味や期待が生じます。ですが、肯定的な受け止め方ばかりとは限りません。新たに募集をかけるということは、考えようによっては、ライバルが増えるということであり、比較の対象が多くなるということに他なりません。スタッフさんによっては、

「自分たちに不満でもあるのではないか」
「スタッフを入れ替えようとしているのではないか」

と疑心暗鬼になります。そして、そういう思いが、電話対応や、面接時の気配りなどにも影響してくるはずです。

当然ですが、面接に来た人は、必ずそのお店の雰囲気を見ます。特に、その時に働いている一般のスタッフさんは、未来の自分と映るわけですから、面接者のお店に対する印象を大きく左右します。配慮が必要です。

このように、店長さんは、募集を強化した時には、むしろ内部の変化に敏感であらねばなりません。期待に胸膨らませて、浮かれてばかりいられないのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。