店長力スポンサー広告OJT > まずリストアップする
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まずリストアップする
記録は続けることが大切ですが、次には作業内容や指導手順を「定型化」してゆくことも考えないといけません。

定型化された業務は、作業マニュアル、指導マニュアルといった形にまとまってゆくことになりますが、この作業は、やってみると案外骨が折れるものです。構成や編集を考えることもそうですが、何より、単純に文書にするだけで相当な作業量になります。やり始めると、時間がいくら合っても足りないように感じてきます。しかも、現場の状況に合わせて考えを進めていくと、作った先から修正点、変更点がどんどん出てきて、とても追いつかないと感じてしまいます。

それで、たいてい途中でやめてしまうことになります。

いきなり、すべてを入れ込んだ、ご立派なマニュアルを作って、それを徹底させようとしても必ず無理が生じます。スタッフさんからの反発も食らいます。

簡単なコツですが、もし、定型化しようと思ったときは、まず「項目のリスト」だけを作ります。スタッフさんたちに伝えたいこと、作業場の細かい注意点など、店長さんからすれば、言いたいことはいくらでもあるでしょう。しかし、ぐっとこらえて、内容はまだ置いといて、とりあえずの「見出し」だけどんどん挙げるつもりでリストアップします。

それを並べれば、項目リストが出来上がります。そうしたら、それをスタッフさんたちに見せて、実際に運用してしまうのです。チェック欄だけ作って、とにかく、みんなに配るなり、壁に貼るなりします。

これだけなら、たいした作業ではありません。そして、スタッフさんには、このリストを使って、仕事や、実務上のポイントを知り、共有していきましょう、といった感じでアプローチしておきます。

すると、最初はポツポツでしょうが、各項目の内容について、疑問なり、意見なりが出てくるはずです。そうしたら、それを先ほど言った「トレーナーノート」みたいなものに反映していきます。結果的に、各項目の説明みたいなものが蓄積されていきます。また、内容は流動的なので、未決でも暫定でもいいし、決定したとしても都度変更、修正できます。もちろん、項目リストを追加、変更するのも簡単にできます。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。