店長力スポンサー広告心構え > 仕事の目的を意識する
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事の目的を意識する
私のお店では、新たに採用されたスタッフさんには、社員、アルバイト問わず最初に「あなたの仕事の目的」として、次のように説明することにしている。


お客様が喜んで買い物をしてくれる良いお店を作ること。その一員として良い販売員になること。一つひとつの作業は、この目的のための手段に過ぎない。作業自体は仕事の目的ではない。


言い方は悪いが、最初は、とにかく意味も分からずこの言葉を暗記させる。その後、初期研修へと進む。

すると、ほとんどのスタッフさんは、

「分かりました」
「はい、私もそう思います」
「そうなれるようにがんばります」

と言ってくれる。どこまで本気かはさて置き、それで一応合格。

これで、少なくとも、上で述べたことを前提としてスタッフさんと話をすることができる。つまり、この時点で、もう

「お店のことなど、自分には無関係だ」とか、
「私は私なりにがんばってるんだから、結果は知らない」

というようなことは言えないようにする。これが第一の狙いだ。

しかし、私が期待するのは本当はそれだけではなく、今まで述べたように、「規準」というものを自覚してほしいというのが本音だ。その点からすると、上の表現は、実はきわめて抽象的で、あいまいなものに過ぎない。実際、最初これを聞いたとき、ごく自然に

「良いお店って何ですか?」
「良い販売員って、どういうことですか?」

などと質問する人もいる。ところが、やはり日が経つに連れて、また、実際の作業を覚えることに頭がいっぱいになるに連れて、最初に言ったことなどすっかり忘れてしまうスタッフさんが少なくない。それを書いたマニュアルは常に目の前にあるにもかかわらず・・・

だから、最初聞かれたときは、特に何も答えず、

「それを見つけるのも仕事だよ」とか、
「作業を覚えてゆく中で、質問があったらどうぞ」

と、あえてはぐらかす。

しかし、それでも何割かのスタッフさんは、忘れた頃何かの拍子に、

「こんなことがあったけど、これは良いお店ですかね?」
「私はこう処理しましたが、これは良い販売員ですか?」

などと、嬉しいきっかけを作ってくれる。実は、第二の狙いはそこにある。

こういうスタッフさんは期待できる。最初に言われたことと、今起こっていることを結び付けて考える習慣を持っているからだ。

また、初めから店舗管理者を志望してきた社員候補の方などに対しては、そういう意識が芽生えるようこちらで誘導することもある。こういう部分から「指導」が必要だと思う。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。