店長力スポンサー広告OJT > 思い切って早く経験させる
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思い切って早く経験させる
私が思っている「トレーナー」というのは、ある意味で儀礼的な意味の強い肩書きであるといえます。すでに述べたとおり、まず、早晩自分自身がトレーナーになる、と意識させることに意味があります。すると、本人はその前提で仲間や店長さんの話を聞くようになり、常に自分が指導を行う場面を先読みして想像するようになります。それ自体効果が高いわけです。

ですから、そのスタッフさんの性格やキャラクターが

「トレーナーに向いてる、向いてない」

とか、そういう話は本来あまりこだわる必要はありません。また、そういった面に気をとられすぎて、やらせる前からあれこれ説教するのは、効果も薄いし、気分を悪くします。むしろ、店長さんなどが面接時点で

「どう考えても、この人には、トレーナーはさせたくない」

と思うなら、そういうスタッフさんは、最初から雇わないほうがいいです。むしろ、トレーナーになれないような人を多く抱えてお店を回しているから、トレーナーが特殊な業務に思えてくるわけです。この意味でも、早晩トレーナーになる、と分かっているからこそあらかじめ判断ができるのです。

ただ、性格や資質ではなく、知識や技術の面で、店長さんなど上の人から見ると、作業や動作についてまだまだ不十分な点がある、というように思える場合もあるでしょう。

「もっと、スムーズにできるようになってからでないと、人に教えるなんて無理だ」

というふうに考えがちです。すると、もう少し、もう少し様子を見よう・・・となりがちです。特に、スタッフさんの中に、すでにトレーナーを任せられるような特定の人がいる場合、ついそちらに任せたほうが安心だと考えて、他の人に教える機会を与えなくなります。

しかし、スタッフさんの平均的な勤務期間を考えると、そうやって少しずつ先延ばしにしていることが、自店の人員サイクルを維持できない理由かもしれません。

もちろん、教えようとする作業そのものの「習得」が不完全な段階でトレーナーにしてしまうのは問題があります。ただし、習得はもうできました、というお墨付きを与えたならば、以後の「修正」は継続的に行うにしても、もうトレーナーになる条件は満たしている、と考えて、思い切って早く任せてみるのがよいと私は思います。むしろ、他人に指導するという行為が、自分の動作の「修正」をも促す面があります。それも、上から見ればOJTの一環ともいえるわけです。

もちろん、指導する側に対するサポートや指導を想定していないと、よいトレーナーは育ちません。指導担当者だとか言って、すべてを負担させ、任せっきりにしておくことの無意味さは前に述べました。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。