店長力スポンサー広告OJT > 「置き換え」意識を育てる
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「置き換え」意識を育てる
当初から、早い段階で自分も「指導する立場」になるということが分かっていれば、本人もそれなりの気持ちで、指導を受けている時点でも、その前提で聞く姿勢になります。

たとえば、前に言ったように、単に動ければよい、結果的にできるようになればよい、というだけでなく、

「今度、自分が説明する時には、どのように言ったらよいか」

という視点が持てます。または、自分が初期研修を受けている際にも、

「自分が行う場合、どういう点に気をつけたらいいだろう」

という観点から、指導内容や、指導している人を観察するようになります。つまり、最初から立場を置き換えて理解するように自然に誘導されやすいわけです。実はこれが、今指導を受ける段階でも良い効果をもたらします。

前に述べたように、仕事を早く覚えたり、周囲の仲間のよい部分を吸収したりするには「良い学習者の態度」を知るのが近道です。そのために重要なことのひとつが「置き換え」なのです。自分が指導する側になるという前提があると、自然に良い指導の受け方を身に付けてゆく確率が高いと期待されます。

そうなると、日々のOJTに費やす時間が短縮できるばかりでなく、「誰が教えても」うまく消化してくれる可能性が高まります。置き換え視点が持てる人は、どんな指導を受けてもそれをうまく生かすことができるからです。すると、個人の「指導力」などというものにそれほど依存しなくてもいいわけです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。