店長力スポンサー広告OJT > トレーナーは別に偉くない
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トレーナーは別に偉くない
余談ですが、このブログでも、あえてSTEP2で、いきなり「指導」に関するテーマを取り上げているのも、この面を意図しています。つまり、OJTというのは、ごく初期のうちからそのつもりでいれば、多くの人が担当可能な業務であるということです。あえて言うなら、

指導とかOJTとかを担当できること、それは、お店で行う業務の中で、特にレベルの高い事柄ではない

というような再認識を図っていただきたかったのです。実際には、人への指導などというものは、それほど単純に言い表せる類のものではなく、それなりの奥深さや、たくさんのコツのようなものも当然ありますが、それは、他の業務でも同じことです。

まず「指導」というものが、特殊に例外的に高い能力やスキルを必要とするような仕事ではないのだ、他の業務と同じで、きちんと習得すれば誰でもできることなんだ、という気持ちにさせること、お店全体がそういう雰囲気を共有することが大切。それを強調したかったのです。

ここで、新人さんに対する初期のOJTなどを担当するようなレベルの人を

「トレーナー」

と呼ぶことにします。これは、私のお店でも使っている内部的な肩書きのひとつです。

通常、ごく一般的にも、指導する側をトレーナー、指導される側をトレーニーと呼びますが、今までこの名称を使わず、指導する人、とか、教える側の人、とか言って、わざとこの言い方を避けてきたのは、この「トレーナー」という言い方を肩書き名称として限定して使いたかったからです。

さて、ここでは、トレーナーといっても、まず担当する部分は主にOJT、中でも「習得」についてのサポートをする人、という意味です。典型的には、最初に述べたような新人さんの指導係になれるくらいの人、と考えてもらえばいいでしょう。

事実、初期研修というのは誰もが担当しやすい部分であると同時に、指導者としての基本的な考え方や、スキルを蓄積させるのに都合がいい部分でもあると思います。その範囲で実行可能なスタッフさんには、すでに「トレーナー」という、一種の資格を付与するわけです。

ですから、トレーナーという肩書きを与えられたからと言って、特に優れたスタッフさんである、という意味にはなりません。むしろ、そんな特殊な位置付けにしたくないわけで、極端に言えば、お店のほとんどのスタッフさんが、一定期間のうちに、まずトレーナーという称号を得るのが当然、という状況にしたいわけです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。