店長力スポンサー広告OJT > 指導という仕事を解放しよう
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指導という仕事を解放しよう
ここまでで述べたように、お店での指導体制を強化しようとすると、単に

「あの人をどうやって指導すればいいのか」
「こういう人にはどう対処したらいいのか」

という範囲を超えたさまざまな面を考えに入れていかなければなりません。

店長さんなどでも、指導といえばまず「自分の指導力」とか「指導者としてのノウハウ」みたいなものを向上しようと考えることが多いのではないかと思います。しかし、それは問題のごく一部しか見ていないとも思えます。もちろん、そういう面で努力しようと思う気持ちは大切ですし、それも必要なことなのですが、ただ、そればかり考えていても遠回りになることが多いように思います。

ここまで特に、初期研修はもちろん、指導業務全体を通して

○ 指導という業務を難しく考えすぎない
○ なるべく多くのスタッフさんにOJTを経験してもらう


といった点を強調してきたわけですが、すると、これは必然的に店長さん自身だけの問題ではなくなってきます。

スタッフさんへの指導、というのは、単に店長さん自身の経験則と個人プレイだけに頼っているばかりでは、店長さん自身の経験値がそのまま指導力の限界点になります。しばしば言われますが、このスタンスでは

「店長さん以上に仕事ができる人材は現れない」

のです。しかも、その限界点近くまで到達してくれるスタッフさんもごく限られることになってしまうことでしょう。

むしろ、店長さんは

「指導」という業務をお店にいる全員に解放する度胸が必要です。

それは、もちろんお店のレベルアップに直結しますが、それだけでなく、結局は店長さん自身の指導力の向上にも寄与する、つまり、自分の指導力の限界点を押し上げることにもなる、と私は考えます。そして、もうひとつ、こういうスタンスにあって初めて、

「自分以上の人材が輩出される可能性が出てくる」

とも言えるわけです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。