店長力スポンサー広告OJT > OFFJTのメリット
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OFFJTのメリット
ただし、お店単体ではふだんあまり想定できませんが、比較的大きな規模の組織になると、実はOFFJTには効率以外に重要なメリットがあります。それは、まず

OFFJTは、職務上の指示命令系統を離れた関係下で行われる

ということです。つまり、日常常に接している「上司」とかが教えるのではないから、職場での関係や思惑が反映されにくいわけです。このことが、ある場合に従業員やスタッフさんのモチベーションを大幅にアップさせたり、自己啓発を意識したり、また、現状に縛られずに仕事を俯瞰したり・・・というきっかけになることがあります。

ただ、これはメリットであると同時にデメリットとなることもあり得ます。原則として、本人がそのOFFJTを受け入れなければ何の強制力も発揮しないからです。また、先に述べたように、必要であれば、評価者と指導者が分離している状況を作ったり、個別に対応すればOJTであっても同じような効果が期待できます。

もうひとつ、考えられるのは

現時点で組織内に存在しない知識やノウハウを外部からすばやく調達できる

という点です。OJTは常に現状の組織内で、現場での実務に依存しながら指導するわけですから、当然、今存在しない知識やノウハウはほとんどもたらされません。ですから、新たな技術や、改革的な考え方を組織内に持ち込もうとするときには、それを自己発見するよりも、外部から調達してくるほうが効果的です。その場合には、OFFJTのほうが対応しやすいということになるでしょう。

ただし、この意味でのOFFJTに参加して効果がある人というのは、どちらかというと

○ いつも指導を受けている人、ではなくて、
○ その後、そこで学んだことを教える側の人


です。むしろ、この場合すでに内部的にOJTが十分に機能している必要があるのです。

以上のように、多くの場合、実はOJTがある程度高度に実施されているという条件下でこそ、初めてOFFJTのメリットも出てくる、ということになるわけで、もしOFFJTについて検討する必要があるとすれば、それは、たとえば、職場の状況が思わしくなく、知識やスキルの伝達がうまくいかないから、回避的にOFFJTに頼る、というのではなく、おそらくもっと次元の違う課題に取り組むときなのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。