店長力スポンサー広告OJT > OJTの有利性
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OJTの有利性
昨今あらためて注目されているように、OJTには一般的に言っても

○ それぞれの能力とペースに合わせた、具体的できめ細かい指導が可能
○ 実際の業務を見ながら覚えるので、理解しやすい
○ その場で、理解しているかどうか、できているかチェックもしやすい
○ 教える人とのコミュニケーションが密になり、仲間意識が芽生えやすい
○ 定型化、標準化されていない、個人スキルや暗黙知も伝達できる

といった有利さがあります。これらは裏返せばOFFJTの弱点ということにもなりますね。

民間の、一般企業でOJTが、体系的な制度として完備されているような組織はほとんどないといってもいいかもしれませんが、たとえば、たまたま配属された現場で非常に優れたOJTを施されるとすると、それはかなり幸運です。こういう幸運な環境に恵まれるとその職場にいる人たちは、驚くほどに「習得→修正→意味付け」の流れをスムーズに与えられるので、ある意味実力とは無関係に、

「すごく仕事ができる集団」

といった感じになります。こういう状況は、OFFJTにいくら力を入れている組織でも、それだけでは実現できないのではないでしょうか。いわばOJTの魔法、といったところです。

こう考えると、もしOFFJTがなくても、OJTがある程度整っていれば何とかなりますが、逆の場合、つまりOFFJTだけを施して、現場で有効なOJTをほとんど受けられない、ということにもしなったとすれば、期待されるメリットは半減します。

今では、OJTは代替手段どころか、むしろより重要で、効果の高い指導方法だと考えられています。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。