店長力スポンサー広告OJT > そもそも論
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そもそも論
自己啓発などを除き、いわば組織から提供される指導といえば、それはOJTとOFFJTに2分されます。どちらも、さまざまな場面で継続的に施されますが、今、特に、「これから仕事に就く」という場面を考えると、そもそもごく本来を言えば、仕事をするからには、

基礎的な実務能力や必要な知識をすでに得てから現場に立つべきだ

という考えが成り立ちます。お店でも、よく

「お店の制服を着て、売り場に立った時点で、プロとして振舞わなければならない」
「お客様にとっては、新人も、アルバイトでも、みんな同じように販売員なんだ」

というような言い方をするでしょう。

極端な例をいいますと、例えば、戦時中に軍隊に入ったとします。すると、ごく当たり前ですが、何の予備知識も訓練もないままに、いきなり実践に投入された場合の「危険度」は非常に高いと思うでしょう。下手したら何の役にも立たないうちにすぐ死にます。

だから、ある意味、絶対に「事前の準備」が必要だといえます。

それで、事前、ということになると、それはOFFJTしかありえません。つまり本当なら、十分なOFFJTによって、職務上必要な知識と、ある程度の模擬的な訓練を経て、その後現場に配属されるべきだということになります。と考えると、もともと、OJTというのは、非常に急場しのぎの、言ってみれば「省略された指導方法」なのではないかという気がします。これは少なからず当たっている面もあります。

しかし、言うまでもなく

実践だからこそ得られる知識も経験もある

というのは真実で、お店ではもちろん、他の職種でも、現在はむしろOJTのほうに多くを期待する傾向があるのは周知の通りです。

先に言ったように、OJTが一番有効なのは「修正」です。だから、目的に照らせば、たとえば

1 習得そのものはOFFJTによって行い
2 修正をOJTで行う
3 意味付けは、またOFFJTで行う

というのが、最も有意義な指導の形といえるかもしれません。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。